新型肺炎COVID-19経路不明の市中感染、ヒトヒト感染|新型コロナ発生源や最初の感染経路は?

生活、暮らし
新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路は?

中国を中心としていまだ拡大の一途を続ける新型肺炎ですが、日本国内でも感染経路不明のヒトヒト感染、市中感染が確認されたという見解が報道されています。

「なぜ新型コロナウィルスが日本国内でヒトヒト感染したということが確認されたか」

という理由については、1月28、29日に中国武漢市に渡航した形跡のない人への感染が日本国内で確認されたためです。

また、2月17日現在、相模原総合病院にて、市中感染としての感染患者が確認されています。

インフルエンザ同様、マスク着用、咳エチケット、手洗いうがいといった対応が効果的であるという呼びかけがあるように過度に心配し過ぎないように心掛けることも大切な状況です。

実際に日本国内でヒトヒト感染が確認されて以降、相模原市でも市中感染が確認されており、少しずつ感染が拡大している傾向があります。

世界的に感染者数が増加し続ける新型肺炎ウィルスとは一体どのように発生したのでしょうか?

新型コロナウィルスの発生源

中国武漢市で発生した新型コロナウィルスの発生源については、世界の専門家達から様々な可能性が指摘されています。

どの内容が真実であるかは分かりませんが、可能性を一つずつ確認してみたいと思います。

武漢市にある病原体研究機関から発生?

新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路、他国の状況は?

新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路、他国の状況は?

武漢市にある国立病原体研究機関かもしれないという可能性を米国メディアが公表されています。

「病原体の研究所から発生ってどういうこと?」

こんな質問が聞こえてきそうですが、これは「細菌兵器開発」に関する意見です。

僕が平和ボケしているだけなのかもしれませんが、細菌兵器開発と聞いても、もはや映画や漫画の世界としか思えません。

しかし、ワシントンタイムズ誌に掲載された情報だったため、僕も見ずにはいられませんでした。

確かに中国の湖北省には、「武漢国家生物安全実験室」と呼ばれる最も危険性の高いウイルスを研究するための国の機関が3年ほど前に設立されるということで話題になりました。

また、「武漢生物製品研究所」と呼ばれる機関もあるため、いずれかの施設から研究用のウイルスに感染したヒト経由で漏れたのではないか、それは細菌兵器開発の用途だったのではないかという説です。

あくまでも推測であり、関係者からも否定されているとのことですが、米国国務省の実態調査により生物兵器保有国であると判断されている中国の話であるということで、僕のような何も分からない一般人がこういった話を聞くと、推測の話とはいえ、やはり怖いなと思ってしまいます。

新型コロナウィルスはコウモリが発生源?

新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路、他国の状況は?

新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路、他国の状況は?

新型コロナウィルスの遺伝子を調べたところ、コウモリ由来のウィルスと遺伝子のパターンが非常に似ているという結果がでたそうです。

狂犬病や、エボラウィルス、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)といった危険性の高いウィルスもコウモリが自然宿主だとみられています。

また中間宿主と呼ばれる別の動物を介して感染を続けることもあり、今回のコロナウィルスは人と動物を超えて感染するウィルスであることから、「人獣共通ウィルス」という風に呼ばれています。

中国の研究機関によると、コウモリから別の動物を仲介して人間に感染した可能性があるという発表があったとのことですが、今回新型コロナウィルスが発生した場所とされる武漢市の海鮮市場ではコウモリが売買された形跡等は見つかっていないそうです。

イタチやネズミの仲間が発生源?

新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路、他国の状況は?

新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路、他国の状況は?

また、中国では養殖されているタケネズミと呼ばれるネズミの仲間や、アナグマと呼ばれるイタチの仲間が感染源ではないかという話もありました。

これは上述のお話でいうところの中間宿主としてという意味かもしれませんが、これらの動物がなぜ感染源である可能性があると判断されているかというと、こちらも上述のお話でも多少挙がったとおり、「海鮮市場内で売買される動物である」という理由からでした。

現在市場は閉鎖されており、内部の状況は分かりませんが、海鮮市場が唯一の感染源となった場所ではないという話題があがっていますね。

日本国内での新型肺炎感染者

新型肺炎ヒトヒト感染を日本国内で確認|新型コロナウィルス発生源や感染経路、他国の状況は?

大阪府のバスガイドを務められている女性が新型肺炎に感染していることが判明しました。先日28日に感染が確認された奈良県在住のバス運転手の方とツアーで同行されていた方ということでした。

このツアーは武漢市からの観光客を乗せてのツアーだったとのことで、国内感染であることも断定されています。

北海道でも中国人観光客の女性の方の、新型コロナウィルスへの感染が確認されています。

この女性は家族と2人で来日し、東京都内の知人宅に宿泊。22日から北海道をを観光していました。

26日夜になってせきや発熱の症状が出たため、翌日病院にて受診し、エックス線検査を行ったところ肺炎と診断され、その翌28日に国立感染症研究所(東京)での検査の結果、陽性と確認されています。

さらに30日には三重県でも武漢市からの観光客の方が新型コロナウィルスに感染していたことが判明したとのことで、2月に入る現在でも感染者数は増加し続けています。

まとめ:新型コロナウィルス発生源や感染経路は?

明確な発生源は特定できていませんが、動物が発生源である可能性は見られましたし、ヒトヒト感染がはっきりと確認された以上、しっかりと予防策に取り組み、感染から家族や自分の身をしっかりと守りましょう。

↓以下、新型コロナウィルス関連のお話です。↓

「結局有効な予防法って何?私は関係あるの?」

「発生源は何が考えられるの?」

などに関して気になる!という方はご覧ください!

新型コロナCOVID-19市中感染から自分と家族を守る予防方法や対策3選|マスク着用や手洗いの効果的な方法とは
現在武漢からの帰国者を迎え、日本国内でも感染経路不明の市中感染による感染者は増加し続けている新型肺炎(新型コロナウィルス感染症)COVID―19ですが、感染を防ぐワクチンがなく、有効な治療薬もありません。 お仕事の関係で空港に行かれる...
ダイヤモンドプリンセス新型肺炎発生時の航路・日程とフューチャークルーズクレジットによる費用負担軽減まとめ
新型コロナウィルス感染者が発見されてから、横浜港に停泊しているダイヤモンドプリンセス号ですが、その乗船者に関してSNS上でも多数の心配、応援のメッセージが寄せられており、またフューチャークルーズクレジットによる対応も話題となっています。 ...
なぜダイヤモンドプリンセスで新型肺炎が感染拡大?検疫官感染と集団感染の事例、原因や対策まとめ
新型コロナウィルス感染による新型肺炎COVID―19発症者が発見されてから、横浜港に停泊しているダイヤモンドプリンセス号ですが、その乗船者に関してSNS上でも多数の心配、応援のメッセージが寄せられています。 【フォロワーの皆様へ】 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました